オスグット・成長痛

オスグット・成長痛の改善なら

オスグット・成長痛の改善なら

オスグットに強い治療院

「オスグット」・・・ご存知ですか?

オスグット・成長痛

一般的には「成長痛」とも言われます。
正確にはオスグット・シュラッター病のことです。

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛
がります。症状のひどい時には赤く腫れたり、熱を持
ったりする事もあります。

「成長期」のスポーツをしている子に、起こりやすい
症状です。

年齢的には10歳~15歳の成長期の子供が多いです。

一般的に「成長痛」と言われる事も多いのですが、
成長期でもスポーツをしていない子は症状が出る確率
もグッと少なくなる為、「成長痛」とは言えない所も大き
そうです。

スポーツや体育を休んでいると痛みは軽くなる場合も
ありますが、再度スポーツを始めると痛みが再発しま
す。

年齢的には10歳~15歳の成長期の子供が多いです。

オスグット・成長痛

成長期にスポーツをしていても、同じ部活やスポーツ
クラブに所属していても、症状が出ている子と出てい
ない子がいるはずです。

では、なぜあなたの子供さんは「オスグット」になっ
てしまったのでしょう?

人は疲れると姿勢が悪くなっていきます。

その姿勢が悪くなった状態で、激しいトレーニングを
続けると、膝や足に対して体重のかかり方のバランス
が悪くなっていきます。

そしてバランスが悪くなると、膝はもちろん腰~足先の
関節が歪んでいきます。

更に、このゆがんだ状態で身体に無理をさせてトレー
ニングする事で「オスグット」の痛みは起こっているの
です。

成長期に起きやすい理由は?

  1. 成長期=発育段階ですので、骨も筋肉も発育段階です。練習量に対して筋肉量が足りていないという事があり ます。筋肉量が足りないと膝を守る事も出来ないので 関節の負担も大きくなります。
  2. 自分の身体を使いやすいフォームで練習している。 使いやすいフォームが正しいフォームとは限りません。 走る時、歩く時の体重の乗せ方一つで膝の負担は大き く変わります。
  3. 他の箇所の痛みや捻挫をかばって運動していた。 オスグッドの痛みが出る前に、捻挫した、他の箇所が 痛かったり・・・そこをかばって練習を続けて膝に 負担が大きく出たかもしれません。

このオスグットで病院等に行くと

このオスグット・成長痛になって病院等に行くと

「しばらく安静に、運動は当分控えてください」
「半年~1年、安静にしてれば、痛みは取れていくでしょう」
「大人になれば治りますよ」

と、言われてしまう場合が、多いようです。

運動を止められて半年から1年・・・。

この年頃が一番スポーツや遊んだりと楽しい時期なのに・・・。

つらいですよね。

ご両親が心配されるのも無理もありません。

そして、他の治療院の治療は湿布薬や痛み止め、電気治
療やストレッチで行われているようです。

しかし、それでは改善しないという方が多いのも事実です。

 

早期に改善

また、改善したとしても半年後・・・。
それではあまりにもかわいそうです。

そんなオスグットにお悩みの子供さんのお父
さん・お母さん、ぜひ当院にご相談ください。

初期段階でしっかり治すと、早期のうちに改善します。

重症化すればするほど症状も重くなり、時間もかかっ
てしまいますので一日も早く施術を受けられることを
おすすめします。

オスグットに、これだけは止めてください!

まず、オスグットの対応に
「これだけは止めてもらいたい!」
ことがありますので書いていきます。

1.アイシング(患部を冷やす)

オスグットに対してのアイシングは冷やすことで神経を
マヒさせて、痛みが一時的に楽になっているだけです。
例えば、寒い日に外に出ると、手の感覚がなくなって
マヒしますよね。それと一緒です。

しかし、それでは逆に筋肉の柔軟性低下により
症状を長引かせることも・・・。

2.湿布

湿布も同様です。患部を冷やすことになりアイシングと
同じ事です。
でも、湿布薬を貼ると痛みが和らいで・・・。
これは湿布には痛み止めの成分が含まれています。それを
皮膚を通して吸収させて、痛みをマヒさせています。

これも、オスグットの根本的な原因を解消したとは言え
ませんのでおすすめしません。

3.手術

オスグットは正しく治療すれば早期に回復します。
どうしてもオスグットによる骨の出っ張りを解消したい
という事なら別ですが、痛みは手術でなくても解消でき
るのに、わざわざ手術はおすすめしません。

オスグットにはこんな施術を行います

オスグット・成長痛

まず、子供さんの膝の痛みがオスグットかどうかを
見ていきましょう。

☑ 10~15歳前後の成長期であること。

☑ 右の画像の部分に痛みがある事。

☑ 部活などでスポーツをしている。
(稀にスポーツをしていないのに症状がある場合も)

この状態であれば、ほぼオスグットでしょう。
これが当てはまらないヒザの痛みもどうぞご相談ください。

実際に、子供さん達の体を見ていくとヒザの周りだけでなく、
股関節や、腰、肩まで固くなっていることが多いです。

ですので、単純に膝関節だけの問題ではなく、身体全体の
関節の問題、普段の身体の使い方や姿勢なども原因の子も
多いようです。

 

オスグッド・成長痛

当院では、膝関節周辺の関節を調整する事はもちろん、痛
みの出ている場所以外にも症状に影響している、筋肉や
関節の動きを回復させることで、オスグットの
症状を軽減させていきます。

また、出来るだけ早い時期の改善、そして今後の再発
防止のため、姿勢や生活習慣の改善と簡単なストレッチ
をアドバイスもしていきます。

オスグッドに悩んでいたたくさんの子供さんから
お喜びの声をいただいています。

まずは、子供さんの症状を診せてください。

追伸

オスグットは、出来るだけ早く治すことが大切です。

痛みをがまんして、生活や部活等を続けると、ヒザに負
担がかかり、痛みをかばった動きが身についてしまいます。

そうなると、本来異常がなかった骨盤、股関節、足首や
全身にゆがみが出くる事もあります。

一日でも早くお電話ください。

オスグッド・成長痛 早期改善

当院のオスグット回復計画

一般的な方で約1ヶ月半、週1~2回の施術を行い、
全力でプレー出来る状態を目指します。

オスグッド早期改善

この1週間で施術を2回行い、一旦練習はお休みして
いただきます。

まずは、一旦痛みの少ない状態を身体に覚えさせます。

練習に筋力がついていけていない事も原因の一つです
ので、いきなり復帰すると再発の可能性が出るばかり
か、繰り返す事にもなりかねません。

まず1週間、身体を休めながら身体の使い方などを覚
えていきましょう。

オスグッド早期改善2

この週も施術は週2回。

この週から練習を少しずつ始めてもらいます。
軽い練習、30~50%位の力で練習しながら、膝の
状態をチェックし身体を少しずつ作っていきます。

オスグッド早期改善3

3週目からは施術は週1回になります。

3週目からは50~60%位の力で練習していきましょう。
膝の状態のチェックと正しい身体の使い方が出来て
いるか等確認していきます。

5周目になると70~80%の力で練習してみましょう。

オスグッド早期改善4

6~7週目も施術は週1回。

6週目からは通常の練習に復帰してもらいます。
全力で練習して、膝の状態が良い状態でいら
れているか?身体をきちんと使えているか?等
を確認していきます。

オスグットに悩んでいる子供さんが、
この約1ヶ月半の計画で施術を行い、
92%
の方が全力でプレーできる
状態を達成
されて
います。

オスグッド・成長痛は1日でも早く痛みを改善して部活を全力で楽しみましょう

オスグッドの痛み早急に改善したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

えがおの整体院 大牟田

ご予約・お問い合わせは今すぐコチラへ

0120-928-852

0120-928-852
ネット予約はコチラ
営業時間
9:30~13:30 15:30~20:00
定休日
日曜・祝日

〒836-0047福岡県大牟田市大正町4丁目7-4